えべっさん

  • 2020.01.11 Saturday
  • 22:29

JUGEMテーマ:えべっさん

 

 

今日1月11日は残り福。

 

毎年恒例の「 今宮戎神社 」へお参りに行きました。

 

今年は土曜日だっだので、家族四人で。

 

混雑をさけるため、朝9時頃現地に到着し

 

ありがたい残り福をいただきにまいりました。

 

朝9時といえども、そこそこの人通りです。

 

 

朝早い場合はね、夜のお商売終わりの方々が

 

多くいらっしゃっています。

 

今宮戎神社、入口。

 

 

なぜ、萌え系のアニメなの?

 

 

ここに一年守っていただいた笹を入れます。

 

 

いざ、お参りへ。

 

 

社長は500円です。

 

正直、お正月の初詣よりも

 

こちらでのお参りの方が、気合入ってしまいます。

 

 

正面境内の右側と左側で笹をいただきまして、

 

この笹につけていただく吉兆を購入します。

 

ここで『 なぜ笹? 』という疑問が浮かびますよね。

 

で、少し今宮戎神社のHPを拝見参照させていただきますと・・・

 

竹には清浄さ、根強さ、そして節により苦難に耐え忍ぶ姿、

 

冬も青々とした葉をつける生命力と旺盛な繁殖力などに

 

神秘性を見出し神霊さえも宿ると

 

昔から日本人は信じていたそうです。

 

なので、日本人の生活文化には昔から竹と密接な関係があったのですね。

 

今日のえべっさんの笹を見て次男坊が

 

「 えっ、今日、七夕? 」

 

というトンチンカン発言もそれほど間違ってなかったのかもなぁ。

 

 

そう、そう、話を戻して、

 

その笹に吉兆と呼ばれる飾りをつけて頂きます。

 

笹は無料ですが、吉兆は購入品。

 

吉兆には銭叺(ぜにかます)・銭袋・末広・小判・丁銀

 

烏帽子・臼・小槌・米俵・鯛等の縁起物を模ったもの。

 

「野の幸」・「山の幸」・「海の幸」を象徴したものなんですねぇ。

 

※以上今宮戎神社HP参照

 

 

今年は熊手とちり取り(必須アイテム)、米俵に小判、

 

小槌に末広(扇子)と今宮戎のお札をいただきました。

 

 

これはね、いろんな団体が販売しておりまして

 

私たちが歩く通路の両側の少し高いところに

 

何軒か屋台のようなかたちでお店があって

 

それぞれ少しずつ異なる吉兆を販売していらっしゃいます。

 

 

わが家は笹をいただくすぐ隣りから購入しています。

 

毎年秋に開催される『 福娘 』発表会で選ばれた

 

福娘さんたちもいらっしゃいますよ。

 

みなさん若くて、本当に美しい。

 

 

で、この一連の作業を終え、境内の裏手に回ります。

 

裏には大きな銅鑼?みたいなのがありまして

 

その前にもお賽銭箱がございます。

 

ここでも大勢の人が列をなして

 

お賽銭を入れ、銅鑼?をドンドンしてお参りします。

 

なぜかといいますとね、

 

こちらのえべっさん、耳が少々遠いそうで

 

裏からも念入りにお願いしたほうがいいそうです。

 

 

子どもの頃は、これが一番楽しみでした。

 

なんか、ちょっとふざけてるーって思いませんか。

 

境内にはずーっと

 

” 年のはじめのえべっさん、商売繁盛で笹持ってこい! ”

 

とテーマソングが流れております。

 

テンションあがる↑

 

 

息子たちはおみくじを引いて

 

 

えべっさんのお参り終了。

 

去年はいろいろと大変なことがありましたが

 

今年も山も谷も川も海も超えていくぞー!と

 

心新たに前を向けた一日となりました。

 

 

しき織り織り

マット専門店 織人しきもの屋工房

 

LINEアカウント開設いたしました!

新商品やお得なクーポン情報をお知らせいたします。

お友だち登録お待ちしております → http://nav.cx/zA6VZh2

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM