茶道のお稽古 師走その1

  • 2019.12.05 Thursday
  • 09:26

 

とうとう、12月に入りました。

 

師走です。

 

極月( ごくげつ、ごくつき )とも言われるそう。

 

椿とドウダンツツジ

綺麗に紅葉しております。

 

 

 

今日は12月の茶道のお稽古一回目でした。

 

床の間は『 無事無事 』↓

 

 

 

こちらの書は、

テレビ朝日の「 必殺仕事人 」シリーズの

 

題名を書いた有名な書家さん。

 

糸見渓南さん が書かれたものです。

 

 

『 無事無事 』は11月か12月の掛け軸で

 

今年も一年、

無事に過ごせたことに感謝しましょう

 

という意味なんだそうです。

 

 

なんか、いいですよね。

 

そういうの、好きやなぁ。

 

実際、無事ではなかったこともあるけれど

 

でも今日もこうしてお稽古にこられていることは

 

やっぱり無事だった証拠、、、ですもんね。

 

 

 

そしてお菓子は「 姫椿 」

 

 

 

まぁるくて桃色が愛らしい。

 

干菓子盆の右上にあるのは

 

先生ご自作の「 はったい粉 」のお干菓子です。

 

はったい粉とお砂糖を練ったもの。

 

香ばしいくってとーっても美味しかったです。

 

今日のお手前はお濃茶でした。

 

久々で忘れてしまっていることいっぱい・・・

 

長緒に悪戦苦闘。

 

 

お棚は三重棚。

 

 

これも師走のお棚ですね。

 

三重棚が出てくると、年末やなぁと実感します。

 

 

お茶を点てるお湯をお釜から汲む時

 

柄杓(お湯を汲む道具)でお湯を汲んで

 

お茶碗に入れます。

 

その時、お湯を全部お茶碗に入れないで

 

少〜し残しておくんです。

 

その残ったお湯をまたお釜に戻すんですが

 

その行為には『 次に繋げる 』という意味があるそうです。

 

次に繋げる、、、

 

重ねていく、、、(三重棚のように)とか

 

そういうジミ〜な作業に

 

意味を持たせているところが茶道の良さだと思います。

 

奥深いものを感じます。

 

 

お稽古いくのん、正直しんどいなぁ・・・

 

とは思いますが

 

茶道の奥深いところに魅了されている私。

 

 

今年のお稽古も残すところあと一回。

 

来年も相変わらず『 しんどいなぁ。 』と思うでしょうが

 

マイペースで頑張ろう。

 

 

 

 

しき織り織り

マット専門店 織人しきもの屋工房

 

LINEアカウント開設いたしました!

新商品やお得なクーポン情報をお知らせいたします。

お友だち登録お待ちしております → http://nav.cx/zA6VZh2

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM