ずんだ餅

  • 2020.04.04 Saturday
  • 21:38

JUGEMテーマ:これ食べた、これ作った

 

 

おうち時間が増える日々。

 

 

ついつい美味しいもの、甘いものを

 

求めてしまいます。

 

 

先日モールの東北物産展でみつけた逸品。

 

日進堂の『 ずんだ餅 』

 

 

関西地方に住んでいますと

 

東北ってなかなか行ける場所ではないんですよねぇ。

 

とーっても行ってみたいけど。

 

 

若い頃にはスキーで岩手県に


行ったような気がしますが

 

スキーで行くと、スキーだけして


帰ってきちゃうでしょ。

 

 

なので、美味しいものとか名所とかに


巡りあうことは

 

ないんですよね、もったいない話し。

 

 

なので、関西人には遠い存在である東北。

 

方言とか聞いてると、まるで外国語。

 

思いは募る、のです。

 

 

でね、その東北物産展をぐる〜っと一回りして

 

出会ったのが、『 ずんだ餅 』

 

もちろん初見ではないです、有名だもの。

 

 

食べたことあるけど、『 ゆべし 』ほど食べたことはない。

 

 

20年以上前に留学先のアメリカで出会った

 

東北出身の子に『 ゆべし 』をもらって

 

衝撃受けましたからね、美味しすぎて。

 

 

昨今は、関西でも『 ゆべし 』とはお目にかかれます。

 

でも『 ずんだ餅 』とはなかなかないのです。

 

 

前置きが長くなりましたが、

 

今回出会った『 ずんだ 』さんはこちら↓

 

 

 

言うまでもなく、めっちゃ美味しい〜

 

根っからの和菓子好きですからね、

 

こういう優しい甘さに魅了されるんです。

 

 

Wikipediaから引用させていただくと

 

『 ずんだ餅 』とは枝豆をすりつぶして餡にするもち菓子で、

 

南東北、特に宮城県を中心にした地域の郷土菓子

 

大阪府南部では『 くるみ餅 』と呼ばれている、そう。

 

 

大阪府南部に生まれ育ち50年近くなりますが

 

『 ずんだ餅 』と『 くるみ餅 』が親戚だったとは

 

全く知りませんでした。

 

 

ちなみに『 くるみ餅 』の大御所、

 

堺の「 かん袋 」さんには近くに行くと


必ず寄ります。

 

もう、絶対に美味しいんです。

 

「 かん袋 」さんのくるみ餅の餡は

 

” 青大豆 ” が材料なんだそう。

 

こちらも鉄板の美味しさです。

 

 

 

お豆って、独特の風味と甘みがあって

 

優しい餡子になるんですよねぇ。

 

 

思いだすと、また食べたくなってきたー!

 

まだ催事開催中なので

 

買いに行ってしまおうかなぁ・・・

 

 

 

 

ただ今、マット専門店 織人しきもの屋工房では

 

便利でかわいい ”小さなマット” 

 

お買い上げいただいた皆さまにプレゼント中!

 

 

しき織り織り

マット専門店 織人しきもの屋工房

 

LINEアカウント開設いたしました!

新商品やお得なクーポン情報をお知らせいたします。

お友だち登録お待ちしております → http://nav.cx/zA6VZh2

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM