ブレイカーズホテル

  • 2019.05.14 Tuesday
  • 20:00

JUGEMテーマ:ハワイ

まさか、このホテルに泊まるなんて・・・
というか、泊まれるなんて!
ザ ブレイカーズ アット ワイキキに泊まることは
我が家にとって、ある意味勇気が必要でした。
なぜなら我が家のハワイ旅は
母が一緒だから…なんです。
母、御年84才。
好奇心旺盛、食欲旺盛、ショッピング欲旺盛、
ではありますが、高齢なのは事実。
そんな母と古くてバスタブのないホテルに泊まる
っていうのはどうかなぁ、と。
それで、母にたずねてみたところ
「 うん、いいよ。
そこ泊まってみよ。楽しみ!」と快諾。
ああでもない、こうでもないと
いろいろ心配していた私たちをよそに
84才はブレイカーズを受け入れました。
こちらのホテル、施工1950年代。
住所は 
250 Beach Walk Waikiki, Hawaii 96815
カラカウア通りをアラモアナ方面へ行くと
「 ハードロックカフェ 」や「 ビルズ 」が見えてきます。
その建物と「 高橋果実店 」の間に挟まれた場所に
ザ ブレイカーズ はあります。
サラトガ通りにある「 egg's Things 」の斜め裏側。
一番近いビーチには5分もあれば到着。
今では非常に珍しい2階建てで
贅沢なことに中庭にプールがあります。
フロントからプールにかけてオープンエアーで
大変手入れが行き届いたお庭には
ハイビスカスが咲き乱れています。
プールの周りに置いてあるチェアーで
宿泊客たちは気ままに時を過ごし、
そのプールを囲むようにして
お部屋が並んでいます。
私たちはプールまで5歩の104号室に宿泊。
いつも部屋の玄関を開けっぱなして
子ども達はほとんどの時間をプールで過ごしました。
私は部屋のベットで寝そべったり
プールのチェアーで本を読んだり
部屋の片づけをしたり、、、
主人はもっぱら、ギターの練習。
部屋の前の空間も自分たちのリビングスペース
みたいな感じでくつろぎました。
フロントの横に無料のコーヒーが置いてあって
いつでもいただけます。
早朝5時半の時点でも
きちんと用意されていましたよ。
お腹がすいたらパパイヤを食べ、
眠たくなったらお昼寝し。
読みたかった本を読みたいだけ読んで、
退屈しのぎにネコのマイリーと
ホワイティーをなでなで。 
あっという間に時間は過ぎたけど
一時一時が充実していて
なんだか長くも感じました。
お部屋はね、確かに古さは否めない。
だって1950年代の施工だもの。
でもね、でもでも
それ以上にとても印象深い旅となりました。
これまで何度もハワイに来たけれど、
こんなにハワイと仲良くなれたことはなかったなぁ。
今回の旅もこれまで同様
いち旅行者であったことに変わりはないんだけども、
ズブズブっと一歩深みに入ってしまった?って感じ。
たったの6泊なんだけど
なんか自分の家みたいな錯覚。
そしてスタッフの皆さんの
さりげないのに温かい対応。
ああ、帰りたくないって
心のそこから思っていまいました。
やばいなぁ、
ますますハワイのとりこになってしまった・・・
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM