読書

  • 2019.10.19 Saturday
  • 20:00

JUGEMテーマ:読書

 

私の趣味のひとつ、読書。

 

45歳をすぎてから読書にめざめた私です。

 

はい、遅いです。

わかっています。

 

小さい頃から

本を読む人にずーっと憧れていました。

 

そうそうあの、 赤毛のアン みたいに。

 

 

だけど、なにを読めばいいのかわからない…

 

そういう戸惑いが私を本から遠ざけていたんです。

 

あっ、それと、活字を読むことがそもそも苦手。

 

 

そんな私にも子どもが産まれ、

 

子どもには本好きな人になってもらいたい!と

心から願っていました。

 

だから、生後1週間から読み聞かせをしましたよ。

 

いいのかどうかもわからないまま…

 

 

でもね、これは良かった!

 

 

見事に二人とも本好きになりました。

 

といっても、伝記とか図鑑とか歴史についてとか、、、

親が喜ぶようなのは読みませんが。

 

最近はもっぱらマンガが多いかなぁ。

 

まぁ、私のように活字嫌いではないので

それでよしとします。

 

 

私が本好きになったきっかけは

超人気作家 宮部みゆきさん です。

 

仕事場の本好きさんに

宮部みゆきさん をおススメされました。

 

最初に読んだ本は・・・『 桜ほうさら 』だったかな。

 

その後、同心長屋シリーズにはまりました。

 

『 おまえさん 』『 ぼんくら 』『 日暮らし 』

 

もうねぇ、面白いくらいに

ずっぽりとハマってしまいました。

 

それから怪談シリーズの

『 三島屋変調百物語 』も面白い!

 

でも、怖い!

 

こうしてすっかり宮部ワールドに吸い込まれ、

夜寝る前の楽しみが読書になりました。

 

正直、読書ってなにが楽しいの?

 

って疑問を以前は持っていましたね。

 

でもね、眠りに入る前の数十分間。

 

日常とは全くことなる世界に入りこむと

なぜかリフレッシュされることに気がついたんです。

 

一日のよかったことも悪かったこともリセットされる。

 

リセットされて寝るとストレスが発散されるような

そんな気持ちになるんです。

 

それからはね、物語から子どもに関するもの、

 

そして大好きなハワイの歴史や

ハワイ日系移民に関する本もずいぶん読みました。

 

 

中には『 あっ、これははずれたかぁ・・・ 』と

思う本もありますが、それも含めて読書楽しい。

 

 

50を手前にようやく読書の楽しさを知りました。

 


 

できるだけたくさんの本を読み、

美しいものに触れ、思いやりを持って人に接する。

当たり前のことを言っていると思うでしょうが、

そういうことの積み重ねが、本当に人を美しくするんです。

九十年も世の中を観察してきた僕が言うんだから、間違いない。。

 

斎藤茂太(日本の精神科医、随筆家 / 1916〜2006)

 

wikipedeaより引用

 


 

そうか、そうなのか!

 

これからもどんどん読むぞー!

 

 

 

マット専門店 織人しきもの屋工房

 

LINEアカウント開設いたしました!

新商品やお得なクーポン情報をお知らせいたします。

お友だち登録お待ちしております → http://nav.cx/zA6VZh2

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM